面接においては自分をより良く見せることもテクニックの一つです。

面接で着るスーツの選び方
Pagelist

面接で外観の印象を上げるテクニック

面接で着るスーツの選び方 面接においては自分をより良く見せることもテクニックの一つです。面接官も内面的な要素やスキルにバランスをおいて見ようとはするはずですが、外観が与えるイメージというのも決して軽視できません。見た目以外のスペックが全て同等の候補者が二人いるなら、結局は見た目がいい方を選ぶ場合が多いのもまた道理だからです。こうした僅差で明暗が分かれるのが面接ですので少しでも有利になるようなテクニックは覚えておくべきでしょう。

見た目をよりよく見せる面接のテクニックとしては、代表的な物として眼鏡をかけるという方法があります。人間は目や鼻や口といった顔のパーツが中心に寄っている程賢そうに見え、中心から離れている程その逆の印象となります。従って、左右のレンズ間の感覚が左右の目の間隔より狭い眼鏡をかけることで顔の中心寄りとなり素顔以上に知的なイメージを作ることができます。

また前髪は下ろすと幼い印象になり、分けたり上げたりして額を出すとその逆の印象となりますので、若々しく見せたい場合には前髪を下ろし、落ち着いた雰囲気を出したい場合には分けてみるのも良いでしょう。その他テクニックというよりも基本的な話ですが、面接にはベストな体調で臨むようにしましょう。入念な用意のために徹夜して目の下にくまを作り、青い顔色になっては面接官に不健康そうな印象を与えてしまいます。健康そうに見える事は特に重要なポイントとなるので最低でも3時間以上は睡眠をとり、当日はしっかり食事も済ませましょう。


Copyright(c) 2019 面接で着るスーツの選び方 All Rights Reserved.