我々が住んでいる国のみならず、海外で働くようにするためには面接を突破しなければならないというのは言うまでもない事です。

面接で着るスーツの選び方
Pagelist

英語圏の国の職場の面接で話す時の注意点

面接で着るスーツの選び方 我々が住んでいる国のみならず、海外で働くようにするためには面接を突破しなければならないというのは言うまでもない事です。質問の内容は、長所又は短所、志望動機などとあり、我々が住んでいる国の場合と共通している部分もあります。訊かれてきた質問に対して答えられるようにするのが突破のカギだと言えますが、英語圏の国の職場の場合では注意しておきたいことがあります。

まず、丁寧な表現で質問に答えなければならないという事です。これは、我々が住んでいる国でも同じように言えますが、実を言うと英語にも丁寧な表現が存在しています。我々が住んでいる国の言語のように謙譲語や尊敬語は実在しませんが、場によって使うべき表現が違ってくるケースはあります。つまり、謙譲語や尊敬語がないからといって油断はできません。なので、あらかじめ丁寧な表現を確認して、それを使うのに慣れるようにするのが大切です。

もう一つは話している言葉の時制を気にして話すという事です。英語には過去完了形などといったものが存在していますし、時制を意識しないで話すと違和感があると思われるという事態になります。そうならないようにするために、話す英語を見直す必要があると思われます。面接の場は、プライベートの場とは異なってくるので注意して臨むようにします。


Copyright(c) 2019 面接で着るスーツの選び方 All Rights Reserved.