我々が住んでいる国と同様に海外へ転職する際に避けて通れない関門といえば、面接です。

面接で着るスーツの選び方
Pagelist

海外の職場の面接を受ける場合のポイント

面接で着るスーツの選び方 我々が住んでいる国と同様に海外へ転職する際に避けて通れない関門といえば、面接です。採用担当者からの質問に答えるというのは、受かるためには必要なことですが、それ以外にも重要なポイントが実在しています。第一に採用担当者に対しアイコンタクトを取ることを頭に入れるということが挙げられます。英語圏の国に住んでいる人たちはアイコンタクトをよくすると言われています。ですので、質問に答える時は採用担当者の顔を見て答えるように心掛けます。

次ですが、採用担当者に対して前向きな印象を与えるようにするという部分です。これは、我々が住む国でも当てはまることであり、前向きな印象を与えることができれば、採用してもらえる可能性が高くなります。失敗談などを訊かれてくる場合がありますが、失敗をどのようにしてカバーしようとするのかについて答えれば良いと考えられます。

最後に、少々の誤りであれば気にせずに会話を続けるということです。会話の途中で間違えたからといって、その都度言い換えていると採用担当者に言いたいことが伝わらないケースが起こります。ですので、完璧に話そうとする意識を捨てて、自信を持って話すようにするのが大切です。なお、採用担当者から自己について話すように言われる事がありますが、その場合にお礼を言っても損はないと言えます。


Copyright(c) 2019 面接で着るスーツの選び方 All Rights Reserved.