面接官も生身の人間であることに変わりはありません。

面接で着るスーツの選び方
Pagelist

面接官も人間なので情に訴えるのは効果的

面接で着るスーツの選び方 面接官も生身の人間であることに変わりはありません。いくら冷静に判断をしようと考えていても、情によって多少評価が上下することがあります。面接時には、そうした点にも留意しておきましょう。面接官の情に訴えることも有効な手段の一つだといえます。たとえば、感動的な過去の話をして面接官を泣かせることができれば、内定はぐっと近づきます。人に感動を与えられる人は、仕事もできる人だと感じてもらいやすくなります。ロボットのように模範解答だけを繰り返す人間は、逆に魅力を感じてもらえない可能性もあります。正しいことだけ答えていればいいというわけでもない点には注意が必要です。

ときには面白い話をして面接官を楽しませることも大事になります。人を笑わせる能力は、そのままコミュニケーション能力だと言っても過言ではないでしょう。どういった部門に配属されることになったとしても、コミュニケーション能力があることは武器となります。そうした武器を持つ学生は、良い企業に内定をもらいやすくなります。常日頃から、コミュニケーション能力を高める工夫をしておくと、面接も乗り切りやすくなります。どうすればコミュニケーション能力がアップするかは難しいところですが、書籍やセミナーは有効な訓練手段の一つに違いないでしょう。


Copyright(c) 2019 面接で着るスーツの選び方 All Rights Reserved.